Home > 新病棟

地域になくてはならない病院として未来につなげる新棟です。

新棟は、更なる安心の医療を提供するため、救急センター、脳疾患治療センター、手術室を核としています。

宇部興産中央病院はこんな病院です。

  1. 地域に密着し、市民病院的な役割を果たし続けています。
  2. 山口県知事承認のもとに宇部市内では唯一の「地域医療支援病院」です。
  3. 救急医療を担っています。
     救急車の受け入れが年間約2,000台
     二次救急輪番日が年間122日
     他院のサポート日が年間84日
     合計206日を担っています。
  4. 専門医療を担っています。
     17科の専門科の医師がクリニックや他院からのご紹介による
     専門医療を行っています。(2017年7月末現在の医師数59名)
  5. クリニックの在宅医療の広報支援の役割を果たします。

各階の紹介

1F:救急センター救急部門と画像診断部門を一体化し救急医療を充実します

・玄関には救急車が同時に3台到着が可能
・吐下血処置を速やかに行う内視鏡センターを配置
・感染症受け入れの専用入口と感染対応診察室を配置
・洗浄室を配置

2F:手術室高規格手術が可能な手術部門を拡充します

・OP室は5室
・5室のうち1室は日帰り専用の手術室
・手術前の待機室、カンファレンスルームを配置
・家族専用待合室を配置
・手術材料洗浄室を配置

3F:脳疾患治療センター、脳神経外科病棟脳卒中等の重症患者用の集中治療病床を拡充します

・脳疾患治療センター(HCU)が10床から12床へ
・脳神経外科病棟38床
・ナースステーションを中央に配置
・簡単な食堂・デイルームを配置


4F:一般病棟を再編成します

新棟が果たす医療の特徴

救急領域

当院は、二次救急病院として、輪番日が年間122日、サポート日が年間84日、合計で年間206日(56.4%)となり、
宇部・山陽小野田・美祢圏域で最多の救急受け入れ当番日を担っています。
高機能化する新棟で、脳神経外科、外科、整形、各種内科領域の将来に向けた地域の救急医療を365日・24時間、積極的に担っていきます。

神経・脳血管領域

当院は、脳神経外科専門医、脳血管内治療専門医、神経内科専門医が多数います。
脳血管内手術、頭蓋内血腫除去手術、脳腫瘍摘出術などで圏域トップクラスの実績があります。
高齢化の進展に伴い、今後、脳卒中等の患者の増加が見込まれ、これまで以上に神経・脳血管領域での対応が重要になっていきます。
この医療を新棟で担っていきます。

高規格な手術

当院は、山口大学病院(3次医療)に次ぐ2.5次医療までを担う急性期病院として、 手術環境を充実した高機能な手術室を新棟に配置し、当院の特徴である専門医療・救急医療を支えます。

新棟フロアーの姿

新棟3階

脳疾患治療センター(HCU)

脳神経外科病室

ナースステーション

新棟2階

手術室

手術室ホール

手術室入り口

新棟1階

救急センター受付

救急センター

消化器内視鏡センター受付