地域に医療がなくなるということは、その地域で住みよい暮らしができないことを意味します。医療は年齢、性別、臓器に関係なく平等に提供されるべきです。医療分野のどの分野であれ、 一部分でも欠けることがあれば、その地域で安心して住むことができなくなります。 あなたの住む地域で子どもを診察する医師がいない、または皮膚疾患や精神疾患を診察できる医師がいないと言われたら、その地域で住むことをどのように感じるでしょう。 年齢、性別、臓器に関係なく、幅広い診察を提供できる総合診療医が活動するということは、山口県の住みよい地域社会を守ることに繫がります。 そのために当プログラムでは、地域で良質な総合診療を提供すること、優れた総合診療医を育成することを使命とします。 また、総合診療の診療、教育、研究活動を通じて山口県の医療の発展と地域の活性化に貢献することを目指します。 そのための行動指針として、探求と開拓、自立と挑戦、情熱と実行を重ねながら、患者や地域と協同し世界最良の総合診療を提供します。 2017年から山口大学が本気で総合診療医を育成します。

世界最良の総合診療を提供し、住みよい地域社会を創る

良質な総合診療を提供する
General medicine & Primary care
優れた総合診療医を育成する
Education
診療、教育、研究を通じて山口県と日本の総合診療の発展と地域の活性化に貢献する
Social Innovation

山口大学医学部付属病院 総合診療部
山口県宇部市南小串1丁目1-1

TEL : 0836-22-2686
FAX : 0836-22-2687
MAIL : general@yamaguchi-u.ac.jp