先輩の声
Senior

指導者の声
Leader

プログラム
Program

臨床研修プログラムの目的と特徴

  1. この研修プログラムは医師国家試験合格後の2年間に、将来の専門性にかかわらず、医学・医療の社会的ニーズを認識しつつ、日常診療で頻繁に遭遇する病気や病態に適切に対応できるよう、プライマリーケアの基本的な診療能力(態度、技能、知識)を身につけるとともに、医師としての人格を涵養することを目的とする。
  2. 当院は総合病院であり各分野の指導医を擁しているが、国立病院機構山口宇部医療センターならびに山口県立病院こころの医療センターなどと連携することにより、それぞれの病院の特性を生かした全診療科対応の臨床研修プログラムを設定している。
  3. 1年目に基本研修科目である内科(6ヶ月)、救急部門(3ケ月)をローテイトし、選択必修(外科、麻酔科、精神科、小児科、産婦人科)から2科目選択しプライマリーケアの基本的な診療能力を身につける(小児科、産婦人科、精神科については協力型病院での研修になります)。
  4. 2年目には地域医療、必須科目履修および研修生の自由選択科目において基本的研修を継続できるように設定してある。これによって医師としての広い基礎的な研修とともに将来の専門への導入的な研修が可能となっている(当院内での研修の他、協力型病院での研修機会を提供できます)。

研修プログラム

  1. 1年目の必修科目(内科6ヶ月、救急部3ヶ月)とは全ての研修医に共通のプログラムである。
  2. 2年目には、必修科目(地域医療1ヶ月)と1年目の後半から選択必須科目2科目以上(外科、麻酔科、小児科、精神科、産婦人科、※但し小児科、精神科、産婦人科については協力型臨床研修病院で履修する)の選択は必須である。
    また、残りの期間については研修医の自由選択による研修期間を設けている。自由選択科目には全ての診療科目の内より選択でき、また既に履修した科目について、更に研修を継続することも可能である。
【プログラムイメージ】
1年目 2年目
必修研修 (10ヶ月) 選択必修研修 (2科目以上履修) 選択科目(1科目 1~3ヶ月)
内科研修
(6ヶ月)

総合診療科
循環器内科
消化器内科
糖尿病血液内科
救急研修
(3ヶ月)

総合診療科
麻酔科
地域医療
(1ヶ月)

※院外研修
外科研修(1~3ヶ月)   外科
脳神経外科
整形外科
眼科
神経内科
泌尿器科
放射線科
耳鼻咽喉科
皮膚科
麻酔科研修(1~3ヶ月)  麻酔科
精神科研修(1~3ヶ月)  ※院外研修
小児科研修(1~3ヶ月)  ※院外研修
産婦人科研修(1~3ヶ月) ※院外研修
※院外研修先(必修研修)
  高松赤十字病院
  宇部協立病院
  萩市内病院施設
  薩摩川内市下甑手打診療所
  シーサイド病院
※院外研修先(選択必修)
  山口大学医学部付属病院
  国立病院機構山口宇部医療センター
  山口県立こころの医療センター
  山口県立総合医療センター
(主に山口大学医学部付属病院で行う)
【A研修医の研修プログラム例】
1年目 2年目
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
内科研修 救急研修 選択必修 地域 選択科目
総合診療 循環 消化 糖血 総合診療 麻酔 外科 小児 地域
医療
脳外科 整形 泌尿 皮膚 放射
【B研修医の研修プログラム例】
1年目 2年目
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
内科研修 救急研修 選択必修 地域 選択科目
糖血 循環 消化 総合診療 麻酔 外科 小児 精神 産科 地域
医療
脳外科 整形 泌尿 放射 耳鼻 神経
【C研修医の研修プログラム例】
1年目 2年目
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
内科研修 救急研修 選択必修 地域 選択科目
総合診療 循環 糖血 消化 総合診療 麻酔 外科 麻酔 地域
医療
脳外科 整形 泌尿 放射

指導体制

  • 研修委員会
  • 研修プログラムの管理および評価を行い、その他臨床研修に関する必要な事項を検討する。
    委員長1名と委員15名、書記1名で構成する。
    研修指導医(指導医講習会受講済) 18名
    総合診療科 指導医1名 専攻医2名・・・屋根瓦方式

総合診療科・救急研修プログラム

内科研修プログラム

  • 概要
  • 当院の内科研修(6ヶ月)では、循環器科および消化器科を3ヶ月間、総合診療科、糖血科を3ケ月間、ローテイトを行いながら研修する。一般内科では、患者さんから医療面接、身体診察を通して、患者情報を収集し、プロブレムを明確にする。そこで、これらのプロブレムについて検査等を行い診断に至る。さらに、治療計画を策定し、それを実行する能力を身につけることが目標である。
    これら、一般内科の診療能力は、一旦、オリエンテーションを行っておけば、上記の内科診療科のローテイトの中で、あるいは他科のローテイト中に、徐々に身につけることができるものである。以下に、一般内科の行動目標を載げておくが、他科の目標とも重複する。
  • 研修指導者(責任者*)
  • 循環器科  :原田 雅彦*、森谷 浩四郎、谷川 武人、徳久 隆弘
  • 消化器科  :佐貫 和俊*、松崎 祐子
  • 糖尿病血液科:井本 忍*、 宮本 幸子
  • 総合診療科 :熊谷 和美*、松本 翔子
  • 目標
    宇部興産中央病院GIO
  • 医療人として全人的医療の実践を目指し、一般診療において頻繁に係わる疾病や負傷に、適切な対応ができるようになるために、医師としての人格を涵養し、基本的な診療能力(態度、技能、知識)を身につける。
  • 一般目標(一般内科基本研修GIO)
  • 一般内科診療において、頻度の高い疾患患者に対して適切な対応ができるようになるために、将来専攻する診療科のいかんにかかわらずプライマリケア医療に必要な基本的な診療能力(態度、技能、知識)を身につける。
  • 行動目標(内科基本研修SBOs)
  • 下記のEPOCで定める目標とする
    内科で必ず修得しなければならないEPOC項目
EPOCで定める目標
A-1
A-2-4
A-3-2
A-3-3
A-3-4
A-3-6
A-3-7
A-3-8
A-3-9
A-3-10
A-3-13
A-3-14
A-3-16
A-3-17
A-4-6
A-4-7
A-5-1
A-5-2
A-5-3
A-5-4
A-6-1
A-6-2
A-6-3
A-6-4
A-6-5
A-7-1
A-7-2
A-7-3
A-7-4
医療面接
腹部の診察(直腸診含む)
便検査
血算・白血球分画
血液型判定・交差適合試験
動脈血ガス分析
血液生化学検査
血液免疫血清学
細菌学的検査・薬剤感受性検査
肺機能検査
内視鏡検査
超音波検査
造影X線
X線CT
注射法
採血法
療養生活の説明
薬物療法
輸液
輸血
診療録作成
処方箋、指示箋
診断書、死亡診断書
CPCレポート
紹介状、返信
診療計画作成
診療ガイドライン
入退院適応判断
QOL考慮
B-1
B-1-1
B-1-3
B-1-4
B-1-6
B-1-8
B-1-9
B-1-21
B-1-22
B-1-23
B-1-25
B-1-26
B-1-27
B-1-34
B-2-5
B-2-9
B-2-10
B-2
B-3-1
(1)
(2)
(3)
(4)
B-3-6
(1)
(2)
(3)
(5)
(7)
経験すべき症状、病態、疾患
全身倦怠感
食欲不振
体重減少、増加
リンパ節腫脹
黄疸
発熱
呼吸困難
咳・痰
嘔気・嘔吐
嚥下困難
腹痛
便通異常
尿量異常
急性呼吸不全
急性消化管出血
急性腎不全
経験が求められる症状・病態
血液系
貧血
白血病
悪性リンパ腫
出血傾向・紫斑病
呼吸器系
呼吸不全
呼吸器感染症
閉塞性・拘束性肺疾患
異常呼吸
肺癌
B-3-7
(1)
(2)
(3)
(4)
(5)
B-3-8
(3)
B-3-10
(1)
(2)
(3)
(4)
(5)
(6)
B-3-14
(3)
(4)
B-3-15
(1)
(3)
B-3-18
(1)
(2)
消化器系
食道・胃・十二指腸疾患
小腸・大腸疾患
胆嚢・胆管疾患
肝疾患
膵臓疾患
腎・泌尿器系
全身性疾患
内分泌系
視床下部・下垂体疾患
甲状腺疾患
副腎不全
糖代謝異常
高脂血症
蛋白・核酸代謝異常
感染症
結核
真菌感染症
免疫・アレルギー
SLEとその合併症
アレルギー疾患
加齢と老齢
高齢者の栄養摂取障害
老年症候群
C-1
(6)
C-3
(3)
(4)
救急医療(救急医療の現場を経験すること)
専門医へのコンサルテーションができる
地域保健・医療(僻地・離島診療所、中小病院・診療所、保健所等の地域保健・医療の現場を経験すること
診療所の役割について理解、実践する
へき地・離島医療について理解、実践する
  • 方略(LS)
  • 研修開始時のオリエンテーションで、一般内科の“基本的診療能力とは何か”について説明を行う。概説でも述べたように、
    一般内科の方略は、患者さんの主観的情報(subjective)、客観的情報(objective)から情報の解析を行い(assessment)、
    患者のプロブレムを抽出する(problem list)。さらに、検査及び治療計画(plan)を策定し、これらを実行する。
    以上のことを、担当患者さんにおいて実践する。
  • 症例ごとに指導医・上級医とマンツーマンで研修する
  • 研修医は指導医の下、10~15名の入院患者を担当する
  • プログラムで決められた到達目標が達成されるように、症例を受け持つ
  • 院内外カンファレンス、CPC,学会への参加、発表を通じて文献検索能力、EBM実践、研究への興味など身につける
  • 年4回開催するCPCに出席する(必修)
  • 受け持ち患者以外にも交代で剖検助手を務める
  • 心肺蘇生については、はじめにシミュレーターを利用
  • カンファレンス等
  • 症例プレゼンテーション、抄読会
  • 評価(EV)
  • 形成的評価(フィードバック)
  •  知識(想起、解釈、問題解決)については随時おこなう
  •  態度・習慣、技能についても随時行う。
  •  技能についてはチェックリスト、評定尺度の使用を推奨
  •  態度・習慣については観察記録の使用を推奨
  • 総括的評価
  • EPOC担当指導医の研修担当期間が終了する時点で、EPOCの評価入力を行う。

脳神経外科選択研修プログラム

  1. 概要
  2. 脳神経外科選択研修プログラムは、選択科目として脳神経外科を選択する場合のプログラムである。
  3. 選択期間中には指導医と相談の上、研修医一人ひとりが自分のキャリア育成に合致したSBOsを設定することができる。
    一方で、選択科研修中においても、中央病院プログラムが2年間で必要と定めた中央病院一般目標GIOならびに
    行動目標SBOs(EPOC)の達成度を上げる必要がある。
  • 研修指導者:西崎 隆文
  • 目標
    宇部興産中央病院GIO
  • 医療人として全人的医療の実践を目指し、一般診療において頻繁に係わる疾病や負傷に、適切な対応ができるようになるために、医師としての人格を涵養し、基本的な診療能力(態度、技能、知識)を身につける。
  • 一般目標(脳神経外科選択研修GIO)
  • 将来遭遇しうるいかなる状況においてでも思いやりを持ちながら良質な全人的医療を行うために、脳神経外科疾患の知識・診断・技術を習得することを通して、将来の専攻する診療科にかかわらずプライマリケアの臨床に必要な基本的診療能力(態度、技能、知識)を修得する。
  • 行動目標(脳神経外科選択研修SBOs)
  • 個人が決めるSBOs
    診療科が薦めるSBOs
    EPOCで定める目標
1.脳神経外科で
  必ず修得しなければならないEPOC項目
  (マトリックス表で◎)
2.脳神経外科で
  修得するのが望ましいEPOC項目
  (マトリックス表で○)
3.全ての科で目標とする項目
  (マトリックス表では○)
B-2
B-3-2
(1)
(3)
経験が求められる症状・病態
神経系
脳血管障害
脳外傷
A-1
A-2-1
A-2-2
A-3-3
A-3-7
A-3-9
A-3-17
A-6-1
A-6-2
A-7-1
A-7-2
A-7-3
A-7-4
B-1
B-1-10
B-2-3
B-2-4
B-2-13
B-2
B-3-10
(1)
C-1

(6)
C-6

(1)
(2)
(3)
(4)
医療面接
全身観察
頭頸部の診察
血算・白血球分画
血液生化学検査
細菌学的検査・薬剤感受性検査
X線CT
診療録作成
処方箋、指示箋
診療計画作成
診療ガイドライン
入退院適応判断
QOL考慮
経験すべき症状、病態、疾患
頭痛
意識障害
脳血管障害
外傷
経験が求められる症状・病態
内分泌系
視床下部・下垂体疾患
救急医療
(救急医療の現場を経験すること)
専門医へのコンサルテーションができる
緩和・終末期医療
(臨終の立ち会いを経験すること)
心理社会的側面への配慮ができる
緩和ケアができる
諸問題への配慮ができる
死生観・宗教観への配慮ができる
I.医療人として必要な基本姿勢・態度
(1)患者-意思関係
(2)チーム医療
(3)問題対応能力
(4)安全管理
(5)症例呈示
(6)医療の社会性
  • 方略(LS)
  • 指導医数 臨床研修指導医2名、脳神経外科学会専門医6名
    脳卒中専門医3名、血管内治療専門医1名、神経内視鏡技術認定医1名
    同時研修は各学年1名を原則とする
    研修期間は1.5ヶ月‐3ヶ月
    場所は手術室(OR)。一部は、外来、病棟、トレーニングラボ。
    オリエンテーション(約1時間)
    OJT(On the Job Training)が主体
    症例ごとに指導医・上級医とマンツーマンで研修する。
★週間予定(月~金)
午前(08:30~12:00) 午後(13:00~17:00)
病棟処置 病棟処置
回診、手術、救急外来 手術、救急外来
検査 検査
手術 手術
病棟処置 カンファレンス
  • 評価(EV)
  • 形成的評価(フィードバック) 随時
  • 総括的評価   終了時にEPOCの評価入力を行う。

整形外科選択研修プログラム

  1. 概要
  2. 整形外科選択研修プログラムは、選択科目として整形外科を選択する場合のプログラムである。
  3. 当院整形外科および整形外科選択プログラムの特徴は、整形外科は四肢の運動器並びに関与する神経・筋肉疾患を治療する科である。 当科では外傷、人工関節の手術症例が多いが、脊椎外科、膝関関節鏡手術等も数多く手掛けている。 施設認定 日本整形外科学会認定研修施設 研修後の進路 希望により他の病院や山口大学関連病院に専攻医として推薦することも可能である。
  4. 選択期間中には指導医と相談の上、研修医一人ひとりが自分のキャリア育成に合致したSBOsを設定することができる。一方で、選択科研修中においても、中央病院プログラムが2年間で必要と定めた中央病院一般目標GIOならびに行動目標SBOs(EPOC)の達成度を上げる必要がある。
  • 指導責任者:森脇 透
  • 目標
    宇部興産中央病院GIO
  • 医療人として全人的医療の実践を目指し、一般診療において頻繁に係わる疾病や負傷に、適切な対応ができるようになるために、医師としての人格を涵養し、基本的な診療能力(態度、技能、知識)を身につける。
  • 一般目標(脳神経外科選択研修GIO)
  • 将来遭遇しうるいかなる状況においてでも思いやりを持ちながら良質な全人的医療を行うために、整形外科疾患の知識・診断・技術を習得することを通して、将来の専攻する診療科にかかわらずプライマリケアの臨床に必要な基本的診療能力(態度、技能、知識)を修得する。
  • 行動目標(脳神経外科選択研修SBOs)
  • 個人が決めるSBOs
    診療科が薦めるSBOs
    EPOCで定める目標
診療科が薦めるSBOs
A 経験すべき診察法・検査・手技
  1. 基本的な身体診察法(基本研修で経験できなかった診察法を含む) 病態の正確な把握ができるよう、全身にわたる身体診察を系統的に実施し、記載するために、神経学的診察ができ、記載できる。
    2)骨・関節・筋肉系の診察ができ、記載できる。
    3)整形外科外来初診(指導医のもと)診察を行い、カルテ記載、オーダーができる。
  2. 基本的な臨床検査(基本研修で経験できなかった基本的検査を含む)病態と臨床経過を把握し、医療面接と身体診察から得られた情報をもとに必要な検査を、自ら実施し、結果を解釈できる。(受け持ち患者でなくともよい)
    下線の検査は基本研修の必修経験項目。経験とは自ら受け持ち医として診療に活用すること。
    1)単純X-P
    2)脊髄造影
    3)髄液検査
    4)X線CT検査
    5)MRI(脊椎、関節)検査
    6)筋電図
  3. 基本的手技(基本研修で経験できなかった基本手技を含む) 基本的手技の適応を決定し実施するために、
    1)圧迫止血法を実施できる。
    2)包帯法を実施できる。
    3)注射法(皮内、皮下、筋肉、点滴、静脈確保)を実施できる。
    4)採血法(静脈血、動脈血)を実施できる。 5)穿刺法(腰椎、関節、ガングリオン、嚢腫)を実施できる。
    6)局所麻酔法を実施できる。
    7)創部消毒とガーゼ交換を実施できる。
    8)簡単な切開、排膿を実施できる。
    9)軽度の外傷・熱傷の処置ができる。
  4. 基本的治療法(全科共通)
    1)療養指導(安静度、体位、食事、入浴、排泄、環境設備を含む)ができる。
    2)薬物の作用、副作用、相互作用について理解し、薬物治療(抗菌薬、副腎皮質ステロイド薬、解熱薬、麻薬を含む)ができる。
    3)輸液ができる。
    4)輸血(成分輸血を含む)による効果と副作用について理解し、輸血が実施できる。
  5. 医療記録(全科共通)
    5)診療録(退院サマリーを含む)をPOS(Problem Oriented System)にしたがって記録し管理できる。
    6)処方箋、指示箋を作成し、管理できる。
    7)診断書、死亡診断書、(死体検案書を含む)、その他の証明書を作成し、管理できる。
    8)CPC(臨床病理カンファレンス)レポート作成し、症例呈示できる。
    9)紹介状と紹介状の返信を作成でき、それを管理できる。
  • 方略(LS)
  • 同時研修は各学年1名を原則とする
    研修期間は任意(SBOsは2ヵ月を想定したもの)
    場所は外来、手術室(OR)、病棟、中央放射線室、救急外来
    1. 研修医は数名の入院患者の担当医となり指導医によるマンツーマン指導のもと病棟業務、諸検査を行う。
    2. 研修医は週1回の総回診を通して指導を受ける
    3. 研修医は週1回の病棟カンファレンスにおいて症例呈示(プレゼンテーション)し、病因診断、検査・治療プランについてディスカッションする。
    4. 院内外カンファレンス、学会への参加・発表を通して文献検索能力、EBMの実践、研修への興味などを身につける。
    5. 出来るだけ手術に立会い、整形外科手術の実際を学ぶ。
  • 週間予定
  • 月曜日~金曜日
    午前外来・午後手術、病棟業務
  • 評価(EV)
  • 形成的評価(フィードバック) 随時
  • 総括的評価   終了時にEPOCの評価入力を行う。
EPOCで定める目標
1.整形外科で必ず修得しなければならないEPOC項目
A-2-6
A-4-5
骨・関節・筋肉系の診察
包帯法
B-1 経験すべき症状、病態、疾患
B-1-28
B-1-29
B-1-30
B-1-31
腰痛
関節痛
歩行障害
四肢のしびれ
B-2 経験が求められる症状・病態
B-3-2
(3)
B-3-15
(2) B-3-4
神経系
脳・脊髄外傷
免疫・アレルギー
慢性関節リウマチ
運動器系
(1)骨折、(2)関節・靱帯損傷、(3)骨粗鬆症、(4)脊椎傷害
B 経験すべき症状・病態・疾患
研修の最大の目的は、患者の呈する症状と身体所見、簡単な検査所見に基づいた鑑別診断、初期治療を的確に行う能力を獲得することである。

  1. 頻度の高い症状
    項痛、腰痛、関節痛、多発性関節痛、歩行障害、四肢のしびれ、下肢血行障害
  2. 緊急を要する症状・病態
    外傷、関節脱臼、複雑骨折(開放性骨折)、四肢の切断
  3. 経験が求められる疾患・病態
    運動器(筋骨格)系疾患
    1. 大腿骨頚部骨折、橈骨末端骨折等四肢の骨折
    2. 関節の脱臼、亜脱臼、捻挫、靱帯損傷
    3. 骨粗鬆症
    4. 脊椎障害(腰椎椎間板ヘルニア)
    5. 脊椎障害(頚椎症)
    6. 脊椎障害(変形性脊椎症、腰部脊柱管狭窄症)
    7. 脊椎障害(側彎症)
    8. 骨腫瘍、軟部腫瘍
    9. 変形性股関節症、変形性膝関節症
    10. 慢性関節リウマチ
    11. 斜頚、LCC,臼蓋形成不全、内反足、外反足
    12. 四肢の蜂巣織炎、化膿性関節炎、骨髄炎、化膿性椎間板炎
    13. 五十肩
    14. ばね指
    15. 末梢神経絞扼症候群
    16. 下肢血行障害