Home > 病院のご紹介 > 診療科 > 眼科

当科の特色
Feature

眼科全般にわたり先進的で最適な医療を提供するべく診療にあたります。
各学会で専門性を高め、また常にスタッフ一丸となり堅い結束力で、全身疾患に伴う眼症状や、全身合併症のある眼疾患症例にも他科との連携により積極的に対応しています。

対象疾患
白内障、緑内障、糖尿病網膜症・網膜裂孔・加齢黄斑変性などの各種網膜疾患、ぶどう膜炎、視神経炎や翼状片・眼瞼内反症などの外眼部疾患など、眼科全般

医師紹介
Doctor

眼科の担当医師の紹介です。クリックして詳細をご覧ください。

診 療 科 長
湧田 真紀子

専門分野

  • 眼科一般
  • 白内障
  • 網膜硝子体

出身大学・卒業

山口大学 平成11年卒業

認定医・専門医・指導医

  • 日本眼科学会専門医・指導医

所属学会

  • 日本眼科学会
  • 日本眼科手術学会
  • 日本網膜硝子体学会
  • 日本コンタクトレンズ学会
  • 日本角膜学会

得意とする診療内容

  • 眼科手術:白内障・翼状片・眼瞼疾患など
  • 眼科疾患:網膜疾患に対する画像診断・レーザー治療(加齢黄斑変性・糖尿病網膜症・網膜循環障害など)、緑内障、ドライアイなど
  •  

主な業績(論文・著書・学会発表)

  • 湧田真紀子、近藤由樹子、孔井正広、兼清由美子: 前眼部光干渉断層計により術前に形態評価が可能であった水晶体嚢真性落屑の一例 第35回日本眼科手術学会総会 愛知県(2012/1/28)
医 長
近藤 由樹子

専門分野

  • 眼科一般
  • ぶどう膜炎
  • 緑内障

出身大学・卒業

長崎大学 平成16年卒業

認定医・専門医・指導医

  • 日本眼科学会専門医

所属学会

  • 日本眼科学会
  • 眼炎症学会
  • 日本角膜学会
  • 日本コンタクトレンズ学会

得意とする診療内容

  • 外科的治療:白内障・緑内障・結膜や眼瞼の疾患に対する眼科手術、各種レーザー治療
  • 非外科的治療:ベーチェット病の難治性ぶどう膜炎に対するインフリキシマブ治療、ほかぶどう膜炎や緑内障の診断と治療
  • その他:糖尿病網膜症、ドライアイなど
  •  

主な業績(論文・著書・学会発表)

  • Kondo Y, Fukuda K, Suzuki K, Nishida T.Chronic noninfectious uveitis associated with Vogt-Koyanagi-Harada disease treated with low-dose weekly systemic methotrexate.Jpn J Ophthalmol. 56: 104-106, 2012.
  • 先天白内障の1例 第53回山口県眼科手術懇話会(2012年6月/山口)
  • インフリキシマブ治療中に硝子体手術を施行したベーチェット病ぶどう膜炎の1例 第46回日本眼炎症学会(2012年7月/横浜)
医 長
徳田 あゆみ

専門分野

  • 眼科

出身大学・卒業

東京女子医科大学 平成15年卒業

認定医・専門医・指導医

  • 日本眼科学会専門医

所属学会

  • 日本眼科学会
  • 日本白内障学会

得意とする診療内容

  • 眼科一般
  • 白内障
  • 緑内障
  • 網膜疾患
  • レーザー治療
  •  

診療内容
Medical Detail

視力、眼圧検査などの日常的な検査に加え、静的・動的視野検査、色覚検査、Hess赤緑試験、中心フリッカー検査、超音波検査、涙液分泌機能検査、蛍光眼底造影撮影検査、光干渉断層撮影検査(OCT)など各種検査を施行しています。 白内障・緑内障・外眼部疾患などの手術や糖尿病網膜症・網膜静脈分枝閉塞症・後発白内障などに対するレーザー治療を含めた外科的治療に加え、ぶどう膜炎や視神経疾患などに対する入院・外来通院による内科的治療も施行しています。白内障手術や一部外眼部手術は日帰り手術を行っており、ご希望により入院も可能です。 国家資格を持つ視能訓練士により、各種視機能検査を行うとともに斜視・弱視に対する視能訓練も行っています。

「目がかすむ」・・・白内障ではありませんか?

「このごろ、何となく目がかすむ」「メガネをかけていても見えにくくなった」 ・・・このような症状はありませんか?
それはもしかしたら、白内障(はくないしょう)が原因かもしれません。白内障とは、加齢とともに目の中のレンズである水晶体に濁りを生じる病気です。
見えづらさを感じるようになったら眼科専門医の診察を受けましょう。

当院では、日帰りまたは入院による白内障手術をおこなっています。

当院の白内障手術は、入院および日帰り手術をお選び頂くことが可能です。
ただし、ご本人の目の状態や体調、通院状況、ご家族のサポート状況などによっては、入院治療が望ましい場合があります。手術申込時にご相談ください。

◆ 日帰り白内障手術について

  • 術前・術後の注意点については、入院前にご本人とともにご家族にもご説明させて頂きます。
  • 手術当日の午前中に眼科病棟に来院していただき、午後から手術を行います。
  • 手術後はいったん病棟のお部屋で安静にして頂いたのち、状態が落ち着かれたことを確認させて頂いてからの退院となります。
  • 患者さんの安全確保のため、手術当日は可能な限りご家族等のお付き添いをお願いしております。
  • 手術当日は安静にしていただきますが、翌日からは外出なども可能です。スタッフまでお問い合わせください。
  • 手術後2~3日間は外来への通院が必要です。

ご質問等ございましたら、当院眼科外来(0836–51–7209)までお問い合わせください。

眼科で行うことができる医療
Medical Detail

主な疾患

  • 眼瞼疾患(麦粒腫、霰粒腫、眼瞼下垂、眼瞼内反症 など)
     ⇒[治療]各種眼瞼手術
  • ドライアイ
     ⇒[精密検査]涙液分泌機能検査
     ⇒[治療]涙点プラグ(コラーゲンプラグ含む) など
  • 結膜疾患(翼状片、結膜弛緩症、眼窩脂肪ヘルニア など)
     ⇒[治療]各疾患に対する手術
  • 白内障
     ⇒[治療]白内障手術
  • 緑内障
     ⇒[精密検査]視野検査、光干渉断層計(OCT)
     ⇒[治療]緑内障手術(レーザー含む)
  • 網膜疾患(糖尿病網膜症、網膜動脈・静脈閉塞症、加齢黄斑変性、網膜裂孔・剥離、中心性網膜炎、網膜色素変性 など)
     ⇒[精密検査]蛍光眼底造影検査、視野検査、光干渉断層計、網膜電図 など
     ⇒[治療]抗VEGF療法(眼内注射)、ステロイド注射、レーザー、硝子体手術
  • ぶどう膜炎疾患(原田病、ベーチェット病、サルコイドーシス など)
     ⇒[治療]ステロイド注射、ベーチェット病に対するレミケード治療(点滴治療)
  • 視神経疾患(視神経炎 など)
     ⇒[精密検査]中心フリッカー、光干渉断層計(OCT)、蛍光眼底造影検査、MRI など
     ⇒[治療]ステロイド治療 など

主な手術治療

  • 白内障手術:日帰り・入院を選択できます。
  • 結膜手術(翼状片手術、結膜弛緩症手術、眼窩脂肪ヘルニア手術 など)
  • 眼内レンズ縫着術:外傷や手術後で水晶体がない方に人工水晶体(眼内レンズ)を入れるための手術です。
  • 緑内障手術:病気の状態に応じてレーザー治療(通院)や手術(要入院)を行います。
  • 網膜疾患(糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、加齢黄斑変性、中心性網膜炎 など)に対するレーザー治療:通院で受けることができます。
  • 眼瞼手術:めいぼ(麦粒腫、霰粒腫)、眼瞼下垂、眼瞼内反症、眼瞼皮膚弛緩症、眼瞼腫瘍に対する手術を行っております。手術の種類によっては入院をお勧めしています。

新しい治療法について

  • 糖尿病黄斑症に対しては、従来からのレーザー治療に加えてステロイド注射や抗VEGF療法を組み合わせた治療を行っております。
  • 加齢黄斑変性や網膜静脈閉塞症、強度近視に伴う黄斑変性、糖尿病黄斑症に対する抗VEGF療法(抗血管内皮増殖因子療法)を行っております。
  • 2015年度から硝子体手術を開始しました。主に黄斑円孔・黄斑上膜など待機的に施行できる疾患を対象に行っています。

診療科一覧
Hospital department