Home > 病院のご紹介 > 診療科 > 外科

当科の特色
Feature

当院では一般外科・消化器外科・乳腺外科を中心に、数多くの疾患の診断・治療を行っております。当院は救急医療に力を入れているため、胸腹部外傷・腹膜炎などの急性期疾患が多いことと、岐波という土地柄、ご高齢の患者さんの治療を積極的に行っていることが特徴です。また、健診を含めたがんの診断・治療を積極的に行っており、2007年から日本がん治療認定研修施設になりました。低侵襲である腹腔鏡手術を以前から積極的に取り入れております。入院患者さんに対するNST(栄養サポート・チーム)や褥創ケアも毎週行っております。科としてのチームワークも良く、週に1回、外科・放射線科で症例検討会を行っており、また、常に各々の患者さんの治療方針を話し合っています。さらに消化器科とも毎週、カンファレンスを行い、意見交換を行っております。学会発表・研究会出席・内視鏡手術に対するアニマルトレーニングなども積極的に行い、最良の治療を常に模索しております。山口県の一線病院として、山口大学医学部の臨床研修あるいは研修医の前期研修を引き受けています。

医師紹介
Doctor

外科の担当医師の紹介です。クリックして詳細をご覧ください。

顧 問
福田 進太郎

専門分野

  • 消化器外科
  • 肝胆膵外科
  • 乳腺外科

出身大学・卒業

山口大学 昭和54年卒業

認定医・専門医・指導医

  • 日本外科学会専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会認定医・指導医
  • 日本乳癌学会認定医
  • 日本大腸肛門病学会認定医
  • 日本癌治療学会認定医
  • 日本褥瘡学会認定医
  • 日本救急医学会認定医
  • 日本経静脈栄養学会認定医
  • 厚労省臨床研修指導医

所属学会

  • 日本臨床外科学会・評議員
  • 日本外科感染症学会・評議員
  • 日本内視鏡外科学会・評議員
  • 日本外科学会
  • 日本消化器外科学会
  • 日本乳癌学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本大腸肛門病学会
  • 日本臨床救急医学会
  • 日本経静脈栄養学会
  • 日本内視鏡外科学会

得意とする診療内容

消化器全般、特に胃・大腸の消化管、乳腺・甲状腺外科

主な業績(論文・著書・学会発表)

  • 腸重積を来たした小腸 Histiocytic Sarcoma の1例(2007年)
  • 腐食性食道狭窄組織の核DNA量からみた前癌性変化の検討(1986年)

メッセージ

悪性疾患から日常的な外傷まで、迅速・的確な治療を提供すべくチーム一丸となって頑張っております。宇部市東部および山口市南部地域の基幹病院としての患者さまの信頼に応えることが出来るよう今後も最新の医療を取り入れていきます。

診 療 科 長
平木 桜夫

専門分野

  • 消化器外科
  • 肝胆膵外科

出身大学・卒業

山口大学 平成1年卒業

認定医・専門医・指導医

  • 外科学会専門医
  • 消化器外科学会専門医
  • DMAT認定隊員

所属学会

  • 日本外科学会
  • 日本消化器外科学会
  • 日本肝胆膵外科学会
  • 日本臨床外科学会
  • 日本腹部救急学会所属

得意とする診療内容

腹部消化器外科手術、肝胆膵外科手術、腹部内視鏡外科手術、消化器癌診療など

主な業績(論文・著書・学会発表)

日本消化器外科学会、日本肝胆膵外科学会、日本臨床外科学会、日本腹部救急学会にはほぼ毎年演題を登録して発表、主に症例報告発表。

メッセージ

外科的治療を必要とする病態には癌・外傷・感染症などさまざまな原因があり、治療の方法も画一的なものではなく、その都度、最善と思われる治療を選択していく必要があります。スタッフ一同そのために日々、研鑽を怠らず、また、議論をし合いながら診療に当たっています。

部 長
多田 耕輔

専門分野

  • 消化器外科
  • 乳腺外科
  • 肝胆膵外科

認定医・専門医・指導医

  • 日本外科学会認定医・専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会専門医・指導医
  • 日本臨床腫瘍学会暫定指導医
  • 日本消化器癌外科治療がん治療認定医
  • 検診マンモグラフィー読影認定医
  • 日本乳癌学会認定医
  • 日本癌治療認定医機構がん治療認定医

得意とする診療内容

  • 外科一般
  • 消化器外科
  • 内視鏡外科
  • 乳腺外科
  • 癌化学療法
部 長
原田 俊夫

専門分野

  • 消化器外科

出身大学・卒業

山口大学 平成10年卒業

所属学会

  • 日本外科学会
  • 日本消化器外科学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本胃癌学会
  • 日本食道学会
  • 日本臨床外科学会

得意とする診療内容

  • 外科一般
医 師
渡邉 孝啓

診療内容
Medical Detail

消化器外科

胃癌、大腸癌を中心とした悪性疾患や良性腫瘍の手術、消化管穿孔、腹膜炎、腸閉塞の手術などを行っております。癌に関しては、患者さん各々に合った最良の治療を行うよう心掛けています。また全国レベルの臨床治験にも積極的に参加しております。消化管穿孔・腹膜炎などの緊急手術は24時間すぐに対処できるようにしております。

肝胆膵外科

肝臓癌・膵臓癌・胆管癌などの疾患に対して、肝切除術・膵切除術などを行っております。また急性胆嚢炎に対しては、ガイドラインにのっとり、出来るだけ早く手術を行い、患者さんの早期離床・退院を目指しております。2006年1月–2009年12月までの急性胆嚢炎に対する腹腔鏡下手術の完遂率は95%を超えております。

乳腺外科

月曜から金曜までの午前中は、乳癌健診を行っております。高画質マンモグラフィーなども完備しており、乳癌の早期発見から手術・化学療法などの治療まで積極的に行っております。福田副院長は乳癌患者の会"あけぼの会"の顧問医をしております。

内視鏡外科

以前より各種疾患に対して、低侵襲な腹腔鏡・胸腔鏡下手術を取り入れております。1992年には、山口県内では2番目に早く腹腔鏡下胆嚢摘出術を導入しました。現在は胆石症、早期・進行大腸癌、早期胃癌、肝癌、イレウス、十二指腸潰瘍穿孔や急性虫垂炎・急性胆嚢炎を始めとした救急疾患、食道裂孔ヘルニア、縦隔腫瘍、急性膿胸、尿膜管遺残、鼡径ヘルニア(TAPPもしくはTEP)、腹壁瘢痕ヘルニア、脾腫、副腎腫瘍、膵体尾部腫瘍など、様々な症例に腹腔鏡下手術を取り入れております。また消化器内科との連携の下、LECS(腹腔鏡内視鏡合同手術)を積極的に行っています。

内分泌外科

甲状腺腫瘍・副甲状腺腫瘍に対する手術を行っております。また副腎腫瘍に対しては腹腔鏡下手術を積極的に取り入れております。

呼吸器外科

気胸、原発性肺癌、転移性肺癌、縦隔腫瘍などの手術を行っております。自然気胸ではなるべく早期の手術・退院を目指しております。

その他

下肢静脈癌に対する硬化療法・高位結紮術・ストリッピング手術、深部静脈血栓症に対する症例に応じた下大静脈フィルター留置術などを行っております。

専門外来、特殊外来

設置機器

  • 高画質マンモグラフィー機器 GE横川メディカル・システムズ(Senographe 2000D(撮影装置)、Seno Advantage(診断装置))
  • 内視鏡手術各種器具

手術について
Operated

腹腔鏡下手術

2016年度実績 悪性腫瘍手術の件数(外科)
胸腔鏡下 開腹 開胸
結腸癌 28人 16人 44人
胃癌 5人 31人 36人
直腸癌 17人 4人 21人
乳癌 20人 20人
肝癌 8人 8人
肺癌 3人 3人 6人
膵癌 4人 4人
甲状腺癌 4人 4人
小腸癌 1人 2人 3人
54人 53人 3人 36人 146人

最近は腹腔鏡手術が増加してきております。

そこで今回は腹腔鏡手術について少しお話をいたします。

腹腔鏡下手術は口や肛門より内視鏡を入れ消化管の内側から癌を切除する内視鏡的切除とは異なり、腹壁に3-5ヶ所の約1㎝の切開創より筒状の器具(ポート)を挿入、二酸化炭素にて気腹、腹腔鏡モニター下にポートより挿入した腹腔鏡用の手術器具により行い、小開腹創(約4cm)より手術標本を体外に摘出します。この手術が発展した背景には腹腔鏡用の特殊な手術機器(鉗子、腹腔鏡装置、血管シーリングシステム、超音波凝固切開装置など)の進歩があります。腹腔鏡手術の長所は①腹腔内を近接して綺麗な画像で観察可能で精緻な手術操作が可能、②傷が小さく、術後の回復も早いなどがあげられます。今後、腹腔鏡手術の件数は増加してゆくと考えられます。当院でも胆嚢疾患、虫垂炎、胃癌(基本的には早期胃癌)、大腸・直腸癌などに対し腹腔鏡手術を行っておりますので興味がある方はご相談ください。


腹腔鏡下手術ってどんな手術?

胃がんの外科手術でも、腹腔鏡下手術の行われる割合が急速に増えてきました。
大きな傷をつくらなくてすむため、手術後の回復が早いというメリットがあります

おなかに5〜6カ所穴をあけ特殊な器具を挿入して操作

 胃がんの腹腔鏡下手術では、鉗子やメスなどを入れる通路となる筒状の器具(ポート)を挿入して行います。

 ポートの1つから、内部を映すカメラ(腹腔鏡)を入れ、その映像をモニターで見ながら手術を実施。特殊な鉗子やメスを操作して、胃やリンパ節を切除します。

 ポートを挿入するためにおなかにあける穴(創)は平均5~6カ所で、それぞれ5mmから1cmほどです。このほかに、切りとった胃やリンパ節を外に出すため、小さく開腹することがあります(4cmほど)。口から内視鏡を入れ、胃の内側からがんを切除する内視鏡的切除とは異なるので注意しましょう。

 腹腔鏡下手術が健康保険で行えるようになったのは、2002年からです。1995年は152件だったのが、2005年には2631件に増えました(※)。今後さらに増えることが予想されます。

※日本内視鏡学会

手術の内容は開腹手術と同じ

手術はポートから入れたカメラの映像をモニターで見ながら行います。必要な範囲の胃やリンパ節を切除し、切除した胃やリンパ節を取り出します。取り出すための小さな傷をつくることもあります。 残った胃と、食道、十二指腸や小腸をつなげて再建(食べ物の通り道をつくること)したあと、それぞれの傷を縫合して終わります。
開腹手術では、みぞおちからおへその少し下くらいまで縦に手術の傷ができますが、腹腔鏡下手術では、切除した胃やリンパ節を取り出すための小さな傷を1つつくることはあるものの、傷が小さいためあまり目立ちません。

手術の途中で開腹手術に切り替わることも

腹腔鏡下手術も開腹手術も、手術の内容は同じです。しかし、腹腔鏡下手術は、二次元のモニター画面を見ながら、おなかの中をイメージして特殊な鉗子やメスなどの操作を行うため、手術時間がやや長くなる傾向があります。また、手術の途中で、このまま進めるのはむずかしいと判断された場合、開腹手術に切り替わることもあります。
「胃癌治療ガイドライン」では、腹腔鏡下手術は臨床研究的な治療法、つまり従来の開腹手術とくらべて治療効果が劣らないかどうか、データを集めている段階の治療という位置づけです。とはいえ、実施件数や実施施設が急増し、QOLの面でもすぐれている腹腔鏡下手術は、今後主流となる可能性が高いでしょう。
開腹手術と腹腔鏡下手術は、それぞれ長所と短所があるので、どちらを行うか、担当医とよく話し合って決めましょう。

手術件数 2017年4月-10月

主要手術件数(入院)
1腹腔鏡下胆嚢摘出術48
2鼠径ヘルニア手術31
3腹腔鏡下虫垂切除術22
4乳腺・乳房手術19
5腹腔鏡下結腸手術16
6結腸手術12
7腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術11
8腹腔鏡下直腸手術9
9腹腔鏡下横隔膜手術8
10小腸手術4
11胸腔鏡下肺手術4
12腹腔鏡下胃手術3
13胆嚢摘出術3
14胃手術3
15甲状腺手術2
16腹腔鏡下食道ヘルニア手術1
17肺切除術1
18膵頭部腫瘍切除術1
臓器別手術件数(入院)
胆嚢53
結腸、虫垂50
鼠径部43
直腸、肛門27
19
乳房19
小腸14
14
肝臓6
甲状腺4
膵臓2
食道2
その他79
診療実績・件数

診療実績

2017年4月-10月実績

期間 2017.4.1~2017.10.31 のうち、外科にて対応した症例数

実入院患者数総数 353人
持込病名種類 134種類

その他の症例


S状結腸ポリープ、胃ポリープ、血栓性外痔核、虫垂炎性腹膜炎、乳房ポリープ、噴門ポリープ、胃癌、胃体部ポリープ、下肢静脈瘤、急性胆管炎、胸水貯留、痔瘻、上行結腸ポリープ、人工肛門形成状態、穿孔性腹膜炎、脱水症、胆のう腫瘍、肺ポリープ、肺癌、腹壁瘢痕ヘルニア、両下肢静脈瘤、良性リンパ腫、めまい症、右下肢静脈瘤、右乳房上外側ポリープ、肝細胞ポリープ、肝細胞癌、癌性疼痛、急性限局性腹膜炎、結腸癌、結腸憩室炎、誤嚥性肺炎、左副腎腫瘍、上行結腸憩室炎、食道癌、食欲不振、大腸ポリープ、直腸ポリープ、嘔吐症、S状結腸癌、S状結腸穿孔、亜イレウス、悪性虫垂粘液瘤、異常腹水、胃癌の再発、胃小弯部ポリープ、胃進行ポリープ、胃粘膜下腫瘍、胃幽門ポリープ、右下腹部腫瘤、右肩関節乳房ポリープ骨転移、右乳房上外側部乳癌、右脛骨動脈損傷、横隔膜ヘルニア嵌頓、横行結腸ポリープ、横行結腸癌、下血、下肢蜂巣炎、外痔瘻、外傷性気胸、外傷性血気胸、外傷性腹腔内出血、肝炎(良性)、肝外閉塞性黄疸、急性胃拡張、急性穿孔性虫垂炎、急性腸炎、急性汎発性腹膜炎、急性腹症、胸部中部食道ポリープ、頚部リンパ節腫脹、結腸ポリープ、甲状腺ポリープ、甲状腺癌、絞扼性イレウス、骨盤ヘルニア、骨盤膿瘍(男性)、左下肢静脈瘤、左下腿血栓性静脈炎、左外鼡径ヘルニア、左気胸、左甲状腺腫瘍、左殿部良性軟腫瘍、左乳房上外側部乳癌、残胃癌、十二指腸穿孔腹膜炎、重症鉄欠乏性貧血、出血性十二指腸潰瘍、出血性内痔核、術後腹壁膿瘍、術後癒着性イレウス、小腸イレウス、小腸穿孔、小腸膣瘻、消化管出血、上行結腸癌、食道裂孔ヘルニア、摂食障害、穿孔性胃潰瘍、大腸炎、大腸癌、大腸捻転症、中部胆管癌、虫垂炎、直腸穿孔、直腸脱、頭部打撲、乳癌皮膚転移、尿路感染症、背部皮下腫瘍、肺腫瘍、発熱性好中球減少症、肥厚性瘢痕、非還納性臍ヘルニア、部乳癌、腹腔リンパ節炎、腹直筋血腫、噴門癌、閉鎖孔ヘルニア嵌頓、盲腸憩室炎、両下肢血栓性静脈瘤、両鼡径ヘルニア、脾弯曲部ポリープ、脾弯曲部癌、膵炎の急性増悪

著書、論文、発表 (2016年~)

  1. 平木桜夫, 兼定航, 原田俊夫, 多田耕助, 福田進太郎:S-1, Gemcitabine (GEM) による化学療法で長期PRを継続している進行胆嚢癌術後早期多発肝転移の1例 癌と化学療法 43(12): 2086-2088, 2016.
  2. 平木桜夫, 山田健介, 原田俊夫, 河岡徹, 福田進太郎:O-141 TS1, GEMによる化学療法で長期PRを継続している進行胆嚢癌術後早期多発肝転移の1例 日本癌局所療法研究会 プログラム・抄録集 38(suppl): 146-146, 2016.
  3. 平木桜夫, 兼定航, 原田俊夫, 多田耕助, 福田進太郎:高度の低蛋白血症を伴った巨大大腸癌の1切除例 癌と化学療法 44(12): 1129-1131, 2017.
  4. 平木桜夫, 兼定航, 原田俊夫, 多田耕輔, 福田進太郎:大腸P1-8 高度の低蛋白血症を伴った巨大大腸癌の1切除例 日本癌局所療法研究会 プログラム・抄録集 39(suppl): 209-209, 2017.
  5. 平木桜夫, 兼定航, 原田俊夫, 多田耕輔, 福田進太郎:O-54 No.8pから12bpリンパ節への跳躍転移を認めた胃下部小弯原発低分化腺癌の1切除例 日本癌局所療法研究会 プログラム・抄録集 40(suppl): 118-118, 2018.

診療科一覧
Hospital department