Home > 病院のご紹介 > 診療科 > 消化器内科

当科の特色
Feature

消化器内科では、肝臓、消化管疾患を対象とした緊急対応、診断、治療を行っています。速やかな診断治療を心がけております。

内視鏡センターの特色
Endoscope Center

前処置室、更衣室、説明室、さらに検査室自体を独立させプライバシーが守られた検査が受けられます。内視鏡を介する感染症(ピロリ菌、肝炎等)の対策として、専用の内視鏡洗浄室を設け、検査ごとの内視鏡洗浄を行っています。
鎮静下内視鏡検査については、検査後の状態を観察させていただくためのリカバリー室を設けています。 
X線内視鏡を併設し、センター内での治療内視鏡も可能となっています。

医師紹介
Doctor

消化器内科の担当医師の紹介です。クリックして詳細をご覧ください。

院長補佐・診療科長
佐貫 和俊

専門分野

  • 肝臓疾患
  • 消化器一般

出身大学・卒業

川崎医科大学 昭和57年卒業

認定医・専門医・指導医

  • 日本肝臓学会専門医
  • 日本消化器病学会専門医・指導医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本内科学会認定医

所属学会

  • 消化器病学会
  • 消化器内視鏡学会
  • 内科学会

得意とする診療内容

  • 肝臓
  • 大腸
  • ESD
  • ERCP

主な業績(論文・著書・学会発表)

  • 長期経過観察の後に画像上脱分化をきたした後腹膜脂肪肉腫の1例(2011年)など
部 長
松崎 祐子

専門分野

  • 消化器一般
  • 肝臓疾患

出身大学・卒業

山口大学 平成2年卒業

認定医・専門医・指導医

  • 日本肝臓学会専門医
  • 日本消化器病学会専門医・指導医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本内科学会認定医
  • 日本医師会認定医産業医

所属学会

  • 肝臓学会
  • 消化器病学会
  • 消化器内視鏡学会
  • 内科学会
  • 肝癌研究会
  • 肝がん分子標的治療研究会
  • 日本癌学会

得意とする診療内容

肝腫瘍の診断・治療(ラジオ波焼灼療法、選択的肝動脈塞栓術)他、肝疾患を中心に消化器疾患全般を診療します。

主な業績(論文・著書・学会発表)

  • Cell death induced by baicalein in human hepatocellular carcinoma cell lines Japanese Jounal of Cancer Research 87, 1996
医 長
浜辺 功一

専門分野

  • 消化器一般
  • 上部消化管

出身大学・卒業

認定医・専門医・指導医

得意とする診療内容

  • 上部消化管
医 長
播磨 博文

専門分野

  • 消化器一般
  • 胆道膵臓疾患

出身大学・卒業

認定医・専門医・指導医

  • 日本内科学会認定医

得意とする診療内容

  • ERCP
  • EUS-FNA
医 長
久野 興子

専門分野

  • 消化器内科

出身大学・卒業

川崎医科大学 平成3年卒業

認定医・専門医・指導医

  • 日本肝臓学会専門医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本内科学会認定医
  • 日本医師会認定医産業医
  • 人間ドック認定医

所属学会

  • 日本肝臓学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本内科学会

得意とする診療内容

消化器内科一般

医 師
沖田 極

診療内容
Medical Detail

肝疾患

※1 C型肝炎に対する助成金治療認定施設です。

※2 アルコール性肝障害は協力病院である高嶺病院、こころの医療センターと連携をとって根本的治療である絶対禁酒を目指していきます。

急性肝炎 慢性肝炎(B、C型) ※1 肝硬変
脂肪肝 自己免疫性肝障害 原発性胆汁性肝硬症
門脈圧亢進症 肝細胞癌 肝腫瘍
薬剤性肝障害 アルコール性肝障害 ※2  

消化管疾患

食道・胃・十二指腸潰瘍 クローン病・潰瘍性大腸炎
食道炎・食道潰瘍・食道狭窄 腸閉塞
小腸潰瘍・大腸潰瘍 感染性腸炎
マロリー・ワイス症候群 嚥下困難症(胃瘻造設・交換)
原因不明の消化管出血 食道癌
胃・食動静脈瘤 胃癌・胃ポリープ
腸憩室炎・憩室出血 大腸癌・大腸ポリープ
虚血性腸炎 消化管粘膜下腫瘍
特殊治療
消化管狭窄 消化管狭窄の治療 消化管悪性狭窄のステント術を行っています。
大腸癌に対するステント術にも対応しています。
消化管粘膜切除術
粘膜下層剥離術
大腸癌に対するESDにも対応しています。
その他
  • 希望者には鎮静下内視鏡検査も行っています。呼吸、循環モニター下で複数の介助者で検査を施行し検査後はセンター内のリカバリー室で覚醒をまって検査説明をさせていただいております。
  • 検査ごとに内視鏡を機械洗浄して経内視鏡感染(肝炎ウイルス、ヘリコバクター等)の対策を行っています。

医療機器

新規導入
上下部拡大内視鏡
カプセル内視鏡、小腸内視鏡は常備しておりません。セントヒル病院へ紹介していきます。

手術について
Operated

手術件数 2017年4月-10月

主要手術件数(入院)
1内視鏡的胆道ステント留置術48
2内視鏡的大腸ポリープ切除術43
3内視鏡的胆道手術(その他)40
4内視鏡的上部消化管止血術28
5内視鏡的胃悪性腫瘍手術19
6内視鏡的食道・胃静脈瘤手術15
7肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼手術15
8内視鏡的下部消化管止血術15
9血管塞栓術14
10内視鏡的胃、十二指腸手術(その他)8
11内視鏡的食道手術(その他)5
12内視鏡的異物摘出術(上部・下部消化管)4
13内視鏡的食道悪性腫瘍切除術3
14内視鏡的大腸悪性腫瘍切除術3
15下部消化管ステント留置術3
臓器別手術件数(入院)
胆嚢、胆管86
結腸、直腸64
食道51
胃、十二指腸29
肝臓29
小腸17
膵臓2
その他2
診療実績・件数

診療実績

2017年4月-10月実績

期間 2017.4.1~2017.10.31 のうち、消化器内科にて対応した症例数

実入院患者数総数 380人
持込病名種類 137種類

その他の症例


胃ポリープ、虚血性腸炎、鉄欠乏性貧血、膵ポリープ、胃腫瘍、急性胆のう炎、肝性脳症、肝性腹水、急性肝炎、腹痛症、閉塞性黄疸、嘔吐症、S状結腸憩室炎、イレウス、感染性胃腸炎、感染性腸炎、肝機能障害、血便、小腸イレウス、食道ポリープ、胆石性膵炎、直腸ポリープ、便秘症、S状結腸ポリープ、アルコール性肝硬変、アルコール性急性膵炎、スキルス胃ポリープ、マロリ・ワイス症候群、黄疸、下血、下行結腸憩室炎、肝障害、急性胃潰瘍、急性腹症、出血性胃潰瘍、上行結腸ポリープ、食道異物、食道潰瘍、大腸憩室出血の再発、胆管狭窄症、直腸潰瘍、熱中症、慢性肝不全、膵体部ポリープ、膵頭部ポリープ、2型糖尿病・糖尿病性合併症なし、CEA高値、C型肝硬変、C型慢性肝炎、S状結腸炎、アルコール性肝硬変に伴う食道静脈瘤、めまい、異常体重減少、胃進行ポリープ、胃切除後消化障害、胃腺腫、胃前庭部ポリープ、胃前庭部毛細血管拡張症、胃潰瘍、胃粘膜下腫瘍、下行結腸ポリープ、下部食道ポリープ、下部胆管ポリープ、下腹痛、下痢症、仮性膵のう胞、回腸炎、回腸狭窄、感冒性胃腸炎、肝外閉塞性黄疸、肝癌、肝硬変に伴う食道静脈瘤、肝硬変症、肝細胞癌、肝腫瘤、肝内結石症、機械的イレウス、急性胃炎、急性胃腸炎、急性十二指腸潰瘍、虚血性結腸炎、結腸憩室炎、結腸憩室症、原発性胆汁性肝硬変、後腹膜炎、細菌性肝膿瘍、細菌性肺炎、自己免疫性肝炎、自己免疫性膵炎、十二指腸ポリープ、十二指腸潰瘍、重症総胆管結石性胆管炎、出血性痔核、出血性貧血、小腸ポリープ、小腸出血、消化管狭窄、食道胃静脈瘤、食道狭窄、食道静脈瘤、生検後出血、大腸ポリープの術後、大腸腫瘍、大腸捻転症、脱水症、胆のうポリープ、胆のう炎、胆管炎、中部食道ポリープ、腸間膜リンパ節腫脹、潰瘍性大腸炎、肺ポリープ、非代償性アルコール性肝硬変、非閉塞性腸間膜虚血、慢性下痢症、慢性膵炎急性増悪、盲腸ポリープ、門脈血栓症、良性腹膜炎、嚥下障害、膵管拡張、膵癌、膵体部癌、膵尾部ポリープ

専門医・認定医
Specialist

施設認定

  • 日本消化器病学会認定施設

著書、論文、発表 (2016年~)

  1. 浜辺功一 他:P-CABのHelicobacter pylori除菌率への影響 - 実臨床データより - Helicobacter Research 21(1): 39-43, 2017.
  2. 播磨博文:P-237. 内視鏡的治療が有効であった膵管癒合不全に合併した膵仮性嚢胞の一例 膵臓 33(3): 678-678, 2018.

診療科一覧
Hospital department